◆HP OpenViewで「フォーマットが trapd.conf にありません」のエラーが出る

SNMPのマネージャーとしてHP OpenViewをご使用になり、SNMP WEB BOARDから停電等でtrapを
上げたタイミングで、HP OpenViewのアラームブラウザで「xxx の TRAPD.CONF FMT がありません。」や
「フォーマットが trapd.conf にありません」が表示されることがあります。
この場合、次の事をご確認下さい。

・SNMP WEB BOARDのVer.3.3.06以前のバージョンではSNMPのtrapの形式に不具合があり、
 trapを認識できないマネージャーがございました。
 もし、バージョンがVer.3.3.06以前であればお手数ですが、
 Ver.3.3.09以上にアップデートいたしますようお願いいたします。

・HP OpenviewにUPS用のmibを登録していないと上記現象が発生します。
 UPS用のMIBはSNMP WEB BOARDに添付のCD-ROMにも入っておりますが、
 RFC1628は http://www.yutakadenki.jp/manual/RFC1628.MIB
 Jemaは   http://www.yutakadenki.jp/manual/jema.mib
 からもダウンロード可能です。
 MibをOpenviewに登録するには「オプション:Mibのロード/アンロード:ロード」から
 ご使用になるMibファイルを指定してください。正しく登録されると、自動的に反映されます。
 なお、OpenViewのバージョンによってはmibをロードしただけではtrapが発生しても
 アラームブラウザに表示されないことがあります。その場合は「オプション:イベント設定」から
 イベント設定画面を開き、RFC1628なら上段のエンタープライズ[upsMIB]を選択すると下段に4つの
 イベントが表示されます。変更したいイベントをクリックし、メニューの「編集:イベント:変更」で
 変更したいイベントの変更メニューが表示されます。アラームビューアに表示したい場合「イベントメッセージ」の
 タグを開き、アクションを「ログおよび表示をするカテゴリ」を選択し、右のセレクタから任意の物を選択します。
 下段のイベント・ログ・メッセージに適切な文字列を指定してください。
 詳しくはそのメニューの「ヘルプ」をご覧下さい。
 変更後、「ファイル:保存」で設定が反映されます。
 このように設定しても「フォーマットが trapd.conf にありません」が表示される場合は下記をご確認下さい。

・HP Openviewにて上記方法でイベントに対する動作を変更するとtrapd.conf内のoidの値が書き換わることがあります。
 例えばupsTrapAlarmEntryAddedのoidは"1.3.6.1.2.1.33.2.3"ですが、上記方法で変更を行うと
 oidが"1.3.6.1.2.1.33.0.3"の様に一部が"0"に書き換わったり、
 "1.3.6.1.2.1.33.2.0.3"の様に".0"が勝手に追加される事があります。
 イベント設定の画面の「表示:イベントID」から「オブジェクトIDとして表示」にするとoidが確認できます。
 このようになるのは特定のOpenViewの不具合と思われます。詳しくはHP社にご確認下さい。

 これを修正するにはイベント設定で「表示:イベントID:オブジェクトIDとして表示」にして、壊れているイベントを
 選択し、「編集:イベント:コピー」でコピーを生成すると「イベントのコピー」画面になります。
 イベント名に本来のイベント名を記入し、イベントIDに"0.3"となっていれば"3"に変更し、「OK」で終了します。
 これを壊れている全てのイベントに対して行い、最後にイベント設定画面を「保存」で終了します。


SNMP WEB BOARD FAQへ戻る