FeliSafe Pro

サポート

トップページ > サポート > FeliSafe Pro

インフォメーション

更新日 内容
2019.12.26 ◆FeliSafe Proアップデート
稀に「FeliProサービス」が再起動する現象を修正しました。
2019.11.15 「動作確認OS」に「Windows Server 2019」を追加しました。
◆FeliSafe Proアップデート
Server系のOSで管理者権限アカウントでもメニューがグレー表示になる現象を修正しました。
2017.12.20 「動作確認OS」に「Windows Server 2016」を追加しました。
新UPS SPF、STFシリーズに対応しました。
連動シャットダウンソフトFeliSafe-LKとの通信のセキュリティを強化しました。
2016.4.12 「動作確認OS」に「Windows Storage Server 2012 R2 Standard/Workgroup」を追加しました。
2015.10.19 FeliSafe Pro(製品、バンドル共通版)リリース
詳細は「製品版とバンドル版について」をご参照ください。
2015.05.11 FeliSafe Pro UPSmini500SWバンドル版 新規リリース

FeliSafe Pro アップデート

更新日 バージョンと
アップデートモジュール
変更内容 ユーザーズ
マニュアル
(pdfファイル)
Webメニュー
マニュアル
(pdfファイル)
備考
2019.12.26 Ver.7.02.03
(製品、バンドル共通版)
自己展開版(5981KB)
ZIP圧縮版(5942KB)
稀に「FeliProサービス」が再起動する現象を修正いたしました。
第3.1版
(Ver.7.02用)
製品バンドル共通版

第2.0版
(Ver.7.02用)

製品、バンドル共通版
2019.11.15 Ver.7.02.02
(製品、バンドル共通版)
自己展開版(5982KB)
ZIP圧縮版(5931KB)
Server系のOSにて管理者権限アカウントでもメニューがグレー表示になる現象を修正しました。
第3.1版
(Ver.7.02用)
製品バンドル共通版

第2.0版
(Ver.7.02用)

製品、バンドル共通版
2017.12.20 Ver.7.02.00
(製品、バンドル共通版)
自己展開版(6003KB)
ZIP圧縮版(5942KB)
◆仕様変更、機能追加
◇新UPS SPF、STFシリーズに対応しました。
◇連動シャットダウンソフトFeliSafe-LKとの通信のセキュリティを強化しました。
◇Webアクセス時のセキュリティを強化しました。
詳しくはここをご参照ください。
第3.0版
(Ver.7.02用)
製品バンドル共通版

第2.0版
(Ver.7.02用)

製品、バンドル共通版
2015.10.19 Ver.7.01.01
(製品、バンドル共通版)
自己展開版(5820KB)
ZIP圧縮版(5761KB)
製品版:新規リリース
バンドル版:プログラム自体は変更ありません
第2.0版
(Ver.7.01用)
製品バンドル共通版

第1.0版
(Ver.7.01用)

製品、バンドル共通版
2015.05.11 Ver.7.01.00
(バンドル版)
自己展開版(6019KB)
ZIP圧縮版(5960KB)
新規リリース 第1.1版
(Ver.7.01用)


新規リリース版

アップデートモジュールは「ZIP圧縮版」と「自己解凍版(exeファイル)」を用意しております。
ユーザ様の環境によっては「自己解凍版(exeファイル)」はダウンロード出来ない場合がございますので、その場合は「ZIP圧縮版」をダウンロードしてください。
「自己解凍版」はダウンロード後、「FeliSafePro_7.xx_xx.exe」を実行してください、自動的に展開されます。
「ZIP圧縮版」はダウンロード後、「FeliSafePro_7_xx_xx.zip」をエクスプローラの展開機能を使うか、専用の展開ソフトで展開してください。
いずれも、展開先の「setup.exe」を実行してください。アップデートが開始されます。
上書きインストールの場合は、ライセンスキーは不要です。
新規にインストールする場合や、一旦アンインストールした後にインストールする場合はライセンスキーが必要です。

動作確認OS *3

・Windows XP Home / Professional SP3 (*1)
・Windows Vista Home / Professional / Enterprise / Ultimate (*2)
・Windows 7 Home / Professional / Enterprise / Ultimate (*2)
・Windows 8,8.1 / Pro / Enterprise (*2)
・Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education (*2)
◆Server系
・Windows Server 2003 Standard / Enterprise (*1)
・Windows Server 2003 R2 Standard / Enterprise (*1)
・Windows Server 2008 Standard / Enterprise (*2)
・Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise (*2)
・Windows Server 2012 Datacenter / Standard / Essentials (*2)
・Windows Server 2012 R2 Datacenter / Essentials (*2)
・Windows Server 2016 Datacenter / Standard / Essentials (*2)
・Windows Server 2019 Datacenter / Standard / Essentials (*2)
◆Storage Server系
・Windows Storage Server 2012 R2 Standard / Workgroup (*2)
・Windows Storage Server 2016 Standard / Workgroup (*2)

備考
Windows日本語版のみ対応しております。日本語版以外では正常に動作しません。
Windows 2000以前ではインストールはできません。
組み込み用Windows(Windows Embedded等)はサポートしておりません。

*1:Windows XP、Windows Server 2003(R2を含む)ではWebメニュー機能はご使用になれません。
*2:「Windows Vista」以降のOSではイベントコマンド機能にメモ帳の様な対話型プログラムを指定する場合、設定が必要です。
  詳しくはマニュアルをご確認下さい。
*3:OSのCoreモードやNano Serverはサポートしておりません。

対応UPS

・UPS-SS シリーズ *1 *2
・UPS-SP シリーズ *3 *4
・UPS-ST シリーズ *3 *4
・UPS-SPF シリーズ *3 *4
・UPS-STF シリーズ *3 *4
・UPSmini500SW

*1:USB/Signal ボードⅡには対応していません。
*2:UPS 本体の上面に記載されている「REV」が UPS510SS は「K9・」未満、UPS1010SS は「M8・」未満の場合、UPS 本体の設定変更が必要です。
  このような場合は、 FeliSafe Pro にてコマンドフォーマットの変更が可能です。
  詳しくはFeliSafe Proユーザーズマニュアル≪1.5.SS(Super Smart)シリーズをご使用の場合≫か、
  ≪FeliSafe Proをご使用になる前に≫をご参照下さい。
*3:UPS 本体のディップスイッチの No.3 を ON にしてください。
  詳しくはFeliSafe Proユーザーズマニュアル≪1.4.SP(Super Power)シリーズ、 ST(Super Tower)をご使用の場合≫か、
  ≪FeliSafe Proをご使用になる前に≫をご参照下さい。
*4:USB/Signal ボードⅡ(YEBD-US3ABP)、 または RS232C/Signal ボード(YEBD-RS3AAP)のいずれかが必要になります。

Webメニュー機能について

FeliSafe Pro製品版にはFeliSafe Proが動作しているPC、および他のPCから、ブラウザによって表示や設定、操作が可能なWebメニュー機能を搭載しています。
Webメニュー機能の主な仕様は以下のとおりです。
FeliSafe Proの種類
 製品版のみご使用になれます。
 バンドル版ではご使用になれません。
動作可能OS
 FeliSafe Proをインストールし、Webメニュー機能が動作可能なOSはWindows Vista、Server 2008以降です。
 Windows XPとServer 2003(R2を含む)ではWebメニュー機能は動作しません。
動作確認ブラウザ
 ・Internet Explorer 9、 10、 11 (Windows 版)
 ・Google Chrome (Windows 版 Version.39)
 ・Firefox (Windows 版 Version.33)
上記以外のブラウザ、 Internet Explorer は上記以外のバージョン、 Google Chrome と Firefox では上記未満のバージョンでの動作は保証いたしません。

Microsoft Edgeに関して
Microsoft Edgeは2015年8月時点と、2017年5月でのバージョンとではローカルホスト(自分自身)へアクセスした際の挙動が異なります
そのためMicrosoft Edgeは動作保証外といたします。
Windows 10でFeliSafe ProのWebメニューにローカルでアクセスしたい場合はWindows 10のスタートメニューのWindowsアクセサリ内にあるInternet Explorer 11、または Google Chome、Firefoxをご使用ください。
その他の詳細な情報は「FeliSafe Pro Webメニュー操作マニュアル 第2版の≪1.5. ローカルホスト(localhost)とMicrosoft Edgeに関して≫をご参照ください。

製品版とバンドル版について

FeliSafe Proには製品として単体販売される「製品版」とUPSmini500SWにバンドルされている「バンドル版」がございます。
製品版とバンドル版には下記のような違いがあります。
機能
◇製品版には他のPCからWebブラウザを使ってモニタの状態を表示したり、設定を変更する「Webメニュー機能」があります。
 Windows XP、Windows Server 2003(R2を含む)ではこの機能はご使用になれません。
 バンドル版にはこの機能がありません。
◇製品版にはUPS-SSシリーズのコマンド変更のための機能が用意されております。(詳細はマニュアルをご参照ください)
 バンドル版にはこの機能がありません。

プログラムモジュール
UPSmini500SWには2015年5月11日現在、バンドル専用版(Ver.7.01.00)が添付されております。
Ver.7.01.01以降は製品版とバンドル版は同一モジュールとなり、ライセンスキーにて、機能が切り替わるようになっております。

見分け方
モニタプログラムを起動し、「ヘルプ」の「FeliSafe Proについて」を開いていただくと、
製品版は2行目に「Model YESW-FP3AA」と表示されます。
バンドル版は2行目に「バンドル版」と表示されます。

アップデート(バージョンアップ)
お使いのFeliSafe Proが製品版、バンドル版のいずれであっても、製品バンドル共通版の最新モジュールを上書きインストールしていただくと、アップデートできます。
上書きインストールの際にはライセンスキーの入力は不要です。
製品版なら製品版に、バンドル版ならバンドル版に、それぞれアップデートされます。

バンドル版から製品版へのアップグレード
バンドル版から製品版に直接アップグレードする方法は用意しておりません。
バンドル版から製品版にアップグレードするには、一旦バンドル版をアンインストールし、製品バンドル共通版をインストールし直し、製品版のライセンスキーを入力していただくと製品版となります。 その際、設定やログは全て初期化されます。あらかじめ、ご了承ください。

マニュアル
製品バンドル共通版用のユーザーズマニュアル 第2版 Ver.7.01用以降は製品版、バンドル版共通となっております。
異なる部分は注釈が記載されております。

FeliSafe-LK アップデート

FeliSafe-LKはFeliSafe Proからネットワークを経由し、メッセージ表示を行ったり、連動してシャットダウンを行うソフトウエアです。

更新日 バージョンと
アップデートモジュール
変更内容 マニュアル
(pdfファイル)
備考
2017.12.20 Ver.6.01.00
自己展開型(844KB)
ZIP圧縮型(804KB)
◆仕様変更、機能追加
◇FeliSafe Proとの通信の認証方式にチャレンジレスポンス方式を受け付けるようにしました。
◇Admin権限以外でも設定できるようにしました。
 一般権限で操作をできないように設定することも可能です。
詳しくはここをご参照ください。
Ver.6.1対応版  
2015.05.11 Ver.6.00.00
自己展開型(721KB)
ZIP圧縮型(662KB)
新規リリース Ver.6.0対応版 新規リリース

アップデートモジュールは「ZIP版」と「自己解凍版(exeファイル)」を用意しております。
ユーザ様の環境によっては「自己解凍版(exeファイル)」はダウンロード出来ない場合がございますので、その場合は「ZIP版」をダウンロードしてください。
「自己解凍版」はダウンロード後、「FeliSafeLK_6_xx_xx.exe」を実行してください、自動的に展開されます。
「ZIP版」はダウンロード後、「FeliSafeLK_6_xx_xx.zip」をエクスプローラの展開機能を使うか、専用の展開ソフトで展開してください。
いずれも、展開先の「setup.exe」を実行してください。アップデートが開始されます。
FeliSafe-LKのインストールにはライセンスキーは不要です。

FeliSafe-LK動作確認OS
FeliSafe Proに準じます。

このページの先頭に戻る

トップページ | トピックス | 製品案内 | サポート | 会社案内 | 採用情報 | お問合せ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
Copyright © 2007 -  Yutaka Electric Mfg. Co.,Ltd all right reserved. 文章、画像の許可のない転載を禁止します。